カーソルを合わせると拡大します Move your mouse over image to enlarge.

刷毛目鉄絵 徳利
(羽衣手)


李朝時代 16世紀頃 鶏龍山麓窯 忠清南道地方

全羅南道を産地とした高麗青磁象嵌の後裔である粉青沙器(三島、刷毛目、鉄絵、粉引)は忠清南道の鶏龍山麓を主要窯業地のひとつとしました。刷毛目鉄絵は鉄分の多い胎土に白土で勢いよく刷毛が施され、鉄絵具で軽妙、簡潔な文様が描かれ日本の数寄者、愛酒家を魅了してきました。 掲載作品の白土はやや黄みを帯び、歪みのある形状、洗練された羽衣手文様とあわせ雅味ある徳利です。

古箱有
高16.0 径10.0cm

ご購入方法について How To Buy

お問い合わせはこちら Help/FAQ(英語)


クリックで画像を切替ることができます When you click the image , it will switch.