カーソルを合わせると拡大します Move your mouse over image to enlarge.

白磁 丸壺


李朝時代 17世紀末~18世紀初 広州官窯(金沙里窯系)

李朝白磁の黄金比率1対1。三角の口縁の造りと鉄分を十分にろ過された磁肌の明るさから李朝白磁全盛期(17世紀末~18世紀)の初期に広州官窯金沙里窯系で製作されたものと思われる。磁肌はやや黄み(象牙色)があり、釉薬の透明釉がたっぷり掛けられたのか光沢がある。焼成は鞘に入れて焼成された。品格の高さから王宮用の酒壺として制作されたものと思われます。


高35.5 径35.5cm

ご購入方法について How To Buy

お問い合わせはこちら Help/FAQ(英語)


クリックで画像を切替ることができます When you click the image , it will switch.