池田晃将 漆展

Terumasa Ikeda Urushi Exhibition

開催期間
平成30年10月11日(木)~10月20日(土)
Oct 11 (Thu.) to Oct 20 ( Fri.), 2018




ご挨拶▼

螺鈿の細かい細工は、全てそれを打ち抜く為の型から作って使われ、漆は重ね塗りをして、それを何度も研磨し作品となっていきます。 小さいパーツを一つ一つ貼りつけ漆を重ね研ぎだし滑らかにしていく沢山の工程をもって、漆の滑らかな照りの上で輝く螺鈿の細工は宝石のように美しい輝きを見せてくれます。 装飾性が極めて高く、工芸品でありながらアート作品でもある漆の美しい輝きをご堪能ください。


作家略歴▼

池田 晃将
1987年
千葉県出身
2014年
金沢美術工芸大学 工芸科 漆・木工コース卒業
2016年
金沢美術工芸大学大学院 修士課程 修了
現在
金沢卯辰山工芸工房 研修者

【受賞歴】
2015年 次世代工芸展 大賞 京都
2016年 修了制作展 ベイスギャラリー大西利勝賞 金沢21世紀美術館 石川
修了制作漆工奨学賞

【個展】
伊勢丹新宿本店 他
【グループ展】
2016年 「生新の時」輪島漆芸美術館 石川
2017年 「結晶する漆」—Essence of URUSHI— 日本橋三越 東京

【出品作品】▼

箱、香合、オブジェなど 

 

画像をクリックすると作品の詳細が見られます If you want to know more about these works ,please click on the images.