山崎 葉
Yo Yamazaki

作家ご紹介▼

山崎葉さんは、自身でガラスを吹き、エナメル彩というエナメル顔料で絵付けをする数少ないガラス作家です。
住まいのある山梨は自然豊かで、植物や昆虫、小動物の写生には事欠きません。
丸みを帯びたガラス面に動植物を描けば、見る角度により伸びたり、背後の絵柄が映り込んだり。ガラスの透明性や屈折してみえる特性を活かした作品には、手にした人のみが味わえる美しさ、愉しさがあります。
2015年にはガレやドームの作品収集で知られる諏訪・北澤美術館で個展が企画され、訪れた多くの方々が楽しまれました。
「植物の凛とした美しさ、しなやかな生命力に惹かれ、描いている。
手にした人の心に寄り添うような作品を作りたい」と話す作家の作品をお楽しみいただけましたら幸いです。
(ギャラリー スタッフ 石川裕子)

作家略歴▼


山崎 葉  Yo Yamazaki

2003年
多摩美術大学美術学部工芸学科 ガラスコース卒業 諏訪ガラスの里
2005年
河口湖G+C ARTガラスワークスタッフ(~2006)
2008年
山梨県のアトリエにて、吹きガラス・エナメル絵付けを主とした創作活動
2015年
『花謳う』北澤美術館(長野) 個展開催



※木箱付の作品の場合、発注後お届けまで約 2週間前後になります。
※箱無表記作品の木箱を付ける場合には別途 \1,000円(税込)にてお付け致します。     
 

画像をクリックすると作品の詳細が見られます If you want to know more about these works ,please click on the images.