栗本夏樹 漆造形展

Natsuki Kurimoto Urushi Art Exhibition

開催期間
平成30年1月11日(木)~ 1月20日(土)
Jan 11 (Thu.) to Jan 20 ( Sat.), 2018

作家挨拶▼

赤坂游ギャラリーでの三回目の個展となります。
1984年の京都での初個展から34年の歳月が流れましたが、一貫して“漆の新しい可能性”を探求してきました。
今回の個展では和紙のテクスチャーを生かした立体作品・平面作品に加えて紙管を使った器作品などを出品する予定です。新春のひと時、漆の新しい世界をお楽しみ下さい。
栗本夏樹

作家略歴▼

昭和36年(1961年)
大阪に生まれる。京都市立芸術大学で漆芸を学び、在学中より   個展を中心に発表を開始。現在までに50回以上、京都・大阪・東京などで個展を行う。現在は、京都市立芸術大学教授として後進の指導を行っている。
平成20年
個展 —漆・生命の再生2008—(高島屋美術画廊, 東京/京都)
平成21年
個展 —聴竹居との出会い—(聴竹居, 京都)
平成22年
個展 —装飾するかたち—(アートスペース感, 京都)
平成23年
赤坂游ギャラリー初個展
<コレクション>
ボストン美術館 / ヴィクトリア&アルバート美術館 / フィラデルフィア美術館 /ミネアポリス美術館 / 大分県立美術館 / 豊田市美術館 / 東京国立近代美術館 など
<受賞>
平成28年 京都市・琳派400年記念特別表彰/平成29年 第35回京都府文化賞 功労賞 など

出品作品▼

など 計点

 

画像をクリックすると作品の詳細が見られます If you want to know more about these works ,please click on the images.